2006年11月29日

湿度の調整

当地長岡も徐々に寒くなってきました。
ここ数日は雨続きで週間予報でも雪マークが目に付くようになってきて、もうすぐ冬本番を迎えそうです。
今年新居に入居され、初めての冬を迎えられる方も多いと思います。
そこでこれからの季節に気をつけなければいけないことのひとつが室内の湿度の調整です。
なかでも高断熱高気密住宅にされた方は多くの場合、居室内の乾燥の度合いが進み、過乾燥になりがちだと思います。
対策として手軽なところでは室内に洗濯物を干す、鉢植えの植物を置く、浴室のドアを少し開けたままにしてみるなど、ちょっとした生活の工夫をされている方も多いようです。
普段いらっしゃるリビングや寝室などに温湿度計をおいてチェックしてみることをお勧めします。
住宅の性能として湿度が低く保たれている場合のほうが湿度の調整は容易にできると思います。
これから風邪やインフルエンザが流行する季節になります。
どうか湿度の管理に気をつけて、のどを大切になさっていただければと思います。

この記事へのトラックバックURL